せいあん!

西安が大好き、特に大唐西市周辺に異常な愛情を捧げるブログです。

西北工業大学_2018年3月_新学期オリエンテーション(後期の行事予定等紹介)

2018年3月9日(金曜日)、晴れ。

本日授業終了後、新学期のオリエンテーションがありました。

私のブログを振り返ってみると、昨年9月26日にもオリエンテーションについて触れてはいます。

(☟の記事の中盤で紹介)

大唐西市の夕焼け(は、一番最後の写真デス) - せいあん!

ただ、非常に簡単。(^^;

私自身が中国語クラス以外に設置されているクラスのことをよく理解できていませんでした。

単に「CCN」とか「CSC」とか、これらは何の略称???状態。

留学生の人数や、どの国籍の留学生が多いかくらいで、他の情報なし。(^^;

その後のブログで個別に説明をした部分もあるような気がしますが、書いた本人が明確に覚えていないくらいなので(笑)、もう一度、これを機会にまとめてご紹介したいと思います。

今学期も、西北工業大学に在籍している日本人は私一人。

これから中国留学を検討される方々にとって、少しでも参考になれば・・・・・・と思います。(*^_^*)

今回はパワーポイント画面の写真がほとんど。

画像が荒い上、ウォーターマーク以外加工もしていない写真ばかりですが、ぜひお付き合いください。(*^-^*)

 

12時に4時限目が終わると、みんなぞろぞろ教室から移動。

授業を受けている建物「東館」の東側にある教室に集合し、オリエンテーションが始まったのは12時20分頃だと思います。

先生の司会により、スタート!\(^o^)/

f:id:shanshanduohuizi:20180310020532j:plain

f:id:shanshanduohuizi:20180310020553j:plain

最初は、今学期から授業を受ける生徒のために、簡単な学校説明がありました。

f:id:shanshanduohuizi:20180310020818j:plain

歓迎画面は前学期のイベント写真!私も写ってます!(#^.^#)

今学期の留学生数は93名、20ヵ国から集まっています。

f:id:shanshanduohuizi:20180310021036j:plain

では、この93名がどういう身分で授業を受けているのかをご紹介します。(^^)/

f:id:shanshanduohuizi:20180310021556j:plain

☝の写真を見ていただくと分かるように、二つのグループに分かれています。

「language students」

中国語のみを勉強する生徒を指します。

今学期は1~5班設定されています。

ちなみに、前学期は4班のみでした。

ここで学ぶ学生は、自費の学生もいますが、大半が西北工業大学から奨学金を得て授業を受けています。

 

CSC/CCN students」

CSC:「China Scholarship Council」の略称です。

中国語では「中国政府给来华留学生的外国学生奖学金项目」といいます。

CCN:「China Campus Netword」の略称です。

中国語では「留学中国国际预料项目」といいます。

これら政府からの奨学金を受ける学生は以下の班に分かれ、中国語の他、更に専門知識を学びます。

・理工修士

・商科修士

・人文本科班

これらの班は全てロシアからの留学生です。

学ぶことが多いので、授業時間数が「language students」とは大きく異なります。

「language students」は午前中しか授業はありませんが、CSC/CCN students」午後も授業があります。

冬休みなら、「language students」は12月下旬から2月いっぱい休み、しかも授業が正式に始まったのは3月5日からでした。

でも、CSC/CCN students」は1月中旬まで授業があり、2月下旬には既に新学期が始まりました。

ちなみに、「language students」グループの今学期の授業スケジュールも、前学期同様3月~6月中旬までと短めです。

それだけ頑張る分、カリキュラムを問題なく終了すれば、中国の大学へ転入申請ができるようです。

 

この後、それぞれの生徒を対象に、授業担任・事務担当の先生の紹介、生徒への要求事項が伝えられ・・・・・・、ついでキャンパスライフの紹介となりました。

ここで司会の先生が、「これは生徒自身の言葉の方が真実味があるので、生徒代表から発表してもらいます」と、生徒の一人の名前を呼びました。

私の心臓は飛び跳ねました!!!

前日の夕方、先生から突然連絡があり、この場で発表するように言われていたからです。

でも、「始業式で簡単に挨拶して欲しい」と言われただけでした。

何を言えばいいのか???

前日の夜、頭を捻って書き上げたのが、幸いにも「キャンパスライフ」に合っていたので助かりました。

待っている間と言うのは、やっぱり緊張しますね。(笑)

 

その後、午後の選択科目の紹介が!

前学期は、実質夜に行われた合唱団しかありませんでした。

でも、今学期は盛りだくさん!!!

まずは中国語学習には必須のHSK」四級と五級のクラス

毎週火曜日・木曜日の14:00~16:00に行われる予定。

予定と言うのは、一クラス10人以上集まらなければ実施してもらえないからデス。

さて、メンバーは集まるでしょうか???

 

続いては、留学生に中国文化を学んでもらうことが目的の文化クラス。

f:id:shanshanduohuizi:20180310030641j:plain

☝の写真の上段は「中国書道と中国画クラス」で、一つにまとめられます。

このクラスは毎週月曜日、14:00~16:00に実施。

左下は「太極拳クラス」。

毎週木曜日、14:00~16:00。

そして右下は「合唱団」。

毎週火曜日19:00~21:00と、木曜日19:30~21:30の週2回です。

 

こうしてみると、午後の選択科目、過去2回と前学期でどれもやったことがあるんです!

でも、太極拳は体が硬くて形を決められなかったことと、それまで自動車生活を続けていたため、練習場所までの距離が異状に遠く感じられ、歩いて行くのが苦痛で挫折しました。

今から18年前、まだ若かったのに・・・・・・。

なんて情けない!!(T_T)

今なら全然遠いなんて思わないんですけどね。(笑)

体の硬さは悪化していそうですが、私はこれに申し込む気満々デス!!(^^)v

書道は2回目の時に参加したのですが、結局、我流のままで上達しませんでした。

今回は中国画もあるようだし、これにも参加してみたいなぁ!

HSKは6級を持っているので、これには不参加。

合唱団は時間が遅いので、どうしようか迷っています。

なぜ、前学期は合唱団だけだったの?とは考えず(笑)、今学期できるものを楽しみたいと思います!

 

そして最後に紹介されたのが、今学期のイベント!

f:id:shanshanduohuizi:20180310032541j:plain

☝は5月半ば、私たちがいるキャンパスで実施が予定されている「Culture Festival」!!!

フェスティバルでは、以下の写真にあるようなことをするそうです。

f:id:shanshanduohuizi:20180310032814j:plain

☝は自国文化の紹介。

民族衣装を着たり、伝統的な食べ物の紹介しています。

上段真ん中のエジプトは、古代エジプトを再現!

 

f:id:shanshanduohuizi:20180310032836j:plain

☝はパフォーマンス。

前学期にもいろんなイベントに参加しましたが、ノリのいいダンスの披露が多いですね。

中には、「あなたはプロ???」、「専門はダンス???」と思うくらいすごい動きを見せる人がいました。

私も一芸があれば参加したいですが、特に何もなし。

だから6年前は、今生最初で最後、コスプレで歌いましたヨ。(^^;

けっこう面白かったですけど。(笑)

でも、さすがにもう気力がないし、似合わない~~~。(T_T)

 

5月半ばの開催でも、今から企画し、文化紹介のためのブース申請を始める必要があるそうです。

なぜなら、ブースはたったの二十しかありません。

本科生や院生を除いても、すでに20ヵ国あるんです。

このイベントは本科や院生も合同なので、国籍はもっと増えます。

のんびりしていると、申請した時にはもうブースの空きがないなんてことになるそうです。

そして、毎回、そう言うことがあるそう。(笑)

一人で日本文化を紹介するのは大変。

でも、同じく同国人がいなくても「ヤル!」と既に衣装の検索をしていた知り合いがいます。

「手伝おうか?」と声を掛けたら喜んでいたので、裏方で参加するのもいいかな~と思ってます。(*^-^*)

 

たぶん、この他にも前学期あった「中国語コンテスト」や日帰り旅行があるんじゃないかと思います。

あるといいな!

 

昔と比べると、資金が豊富になり、学校は授業以外のイベントにも非常に力を入れるようになっています。

学生同士の交流を促して友情を育む機会を与えてくれたり、中国だけでなくいろんな国の文化を理解できる場を設けてくれたり。

そして、

「それらイベントを通じ、学んだ中国を活用し、能力向上を図って欲しい」

そう先生が最後のまとめをされ、オリエンテーション終了!

 

既に13時。

お腹がすきました。(笑)

内容盛りだくさんの今学期。

頑張ります!!(*^-^*)

 

 

おまけ。

このオリエンテーションに交通大学で学んでいるトルコ人留学生が来ていました。

以前、西北工業大学で聴講していたので、このオリエンテーションに出席されている先生のサインをもらいに来たんだそうです。

実は彼に話したいことがあって、Wechatで送ろうか考えている所でした。

それは・・・・・・。

今、Huluで順次配信されている 海外ドラマ『オスマン帝国外伝』!!

私はトルコも大好きなんです!(*^-^*)

「今、これ見てるよ!」

と言うと、「日本語になったの?」と驚いていたので、吹替ではなく字幕であることを教えてあげました。

そして、気になっていた、本当にトルコでそんなに人気があったのか、聞いてみました。

彼自身は見ていないそうですが、確かに人気があったそうです。

ただ、登場人物の性格が歴史とは異なると、物議を醸していたとも教えてくれました。

そうなると、がぜん、歴史書ではどう記録されているか気になってきます。

そもそも、私がこのドラマに興味を持ったのは、篠原千絵先生の漫画『夢の雫、黄金の鳥籠』が好きだったから。

この漫画とドラマでも人物設定がすごく違います。

こういう違いを「どっちが歴史に近いのかな~?」と検証するのって楽しいんです。(*^-^*)

この漫画のことも彼に教えてあげると驚いていたので、ネット上の中国語版をシェアしておきました。

果たして、論文を書くだけでなく、トルコ文化をWechatの公式アカウントで発信したり、日々忙しい彼に読む時間があるかは分かりません。

でも、読んでくれたら、感想を聞いてみたデス。(*^▽^*)