せいあん!

西安が大好き、特に大唐西市周辺に異常な愛情を捧げるブログです。

想い出の西工大路・大学南路路・太白北路(西北工業大学から西北大学にかけて)

2018年4月28日(土曜日)小雨後晴れ!

 

最近、気温の変化が激しい西安です。 

今回は約10日前の4月18日に撮影した「西工大路・大学南路路・太白北路」と、私がこれまで西安に来ては撮影していた昔の写真を比較したいと思います。

なぜこんな試みをするかというと・・・・・・。

私は今回、西北工業大学西門の外側に部屋を借りて生活しています。

なので行動範囲は大唐西市城がメイン。

スーパーも、大唐西市城にある「大発潤」には頻繁に行きますが、2011年に留学していた時に足繁く通った大学南門前にある「人人楽」にはめったに行かなくなりました。

利用するバス停も当然ながら大学西門側にあるもので、昔のように南門側や、東門を出て太白北路の「西北大学」というバス停から乗り降りすることはほぼありません。

でも、今利用しなくなったそんな場所が、実はかつての私の行動範囲で、想い出が詰まっている場所でもあるんです。

それで、今、時間がある時に昔を振り返りながら、現在と比較してみようと思った次第です。(^^)v

範囲は、こちら。☟

f:id:shanshanduohuizi:20180429063756j:plain

紫・ピンク・黄色でマーキングした部分が該当区域です。

 

写真を撮りに出かけた18日はとても良いお天気でした。

良すぎて、写真を見るとハレーションを起こしているものが結構あって少々ショック。(T_T)

でも、200枚以上写したおかげで、なんとか必要な写真を揃えることができました。

こんなことができるのも、デジタルだからこそ。

1999年に留学した時の写真はフィルムなので、枚数も少ない上に、現像が悪くて色が薄暗くなっているものもありました。

しかも、デジタルではなく紙なので、パソコンにデータが入っていない!!!(>_<)

写真は今、日本の自宅。(T_T)

なので、今回遡れるのは、2004年5月に遊びに来た時のものまで。

少々残念ですが、比較をしたいと思い始めてから随分日が経って、もうこれ以上放置できない!!

と、勢いに任せてスタートします!!\(^o^)/

この辺りを知らない方にとっては、面白くない記事だと思います。

それでも読んでみようと思ってくださった方、本当にありがとうございます!!(*^▽^*)

 

写真の位置を地図にまとめました。

参考にしてくださいね!(*^-^*)

f:id:shanshanduohuizi:20180429064023j:plain

 

では、始めます!!(^^)v

 

f:id:shanshanduohuizi:20180426232711j:plain

スタートは西北工業大学の東門から!

4月半ばの昼下がり、日差しがとってもきれいです!!

では、想い出を振り返っていきます!(*^-^*)

f:id:shanshanduohuizi:20180426233334j:plain

f:id:shanshanduohuizi:20180426232954j:plain

②③は2004年のものです。

当時の東門、学校名もなく、厳めしい感じ。

ちなみに東門は、赤い矢印が指す位置の反対側です。

東門の中に見えるプラタナスの枝が短く刈られています。

記憶ではすごく古かった中国人学生寮が建替えられていて、工事の邪魔になるから伐採されたのかな???と思ったりしました。

赤い矢印がある場所、現在の写真では綺麗に舗装された道が南に向かって友誼西路まで続いています。

その綺麗になった道路で、毎日早朝、だいたい9時半頃まで朝市が立ちます。☟

 

 

f:id:shanshanduohuizi:20180426232923j:plain

f:id:shanshanduohuizi:20180426234154j:plain

④⑤は朝市で賑わう東門外の西工大路の様子。

2011年に留学した時は、東門を結構利用したにもかかわらず、写真を撮っていませんでした。

記憶だと、2015年⑥の上の写真と同じです。(*^-^*)

立派な学校名があって、校内のプラタナスの枝も大きく張り出して木陰を提供してくれていました。

f:id:shanshanduohuizi:20180426234209j:plain

☝の「山東炒貨」、⑧にも出てきます。(*^-^*)

 

 ⑦

f:id:shanshanduohuizi:20180426234626j:plain

東門から視線を北に向けると、現在はこんな感じです。

②③の2004年の写真では、この通りの左側(西側)にもお店が並んでいたことが分かります。

ここは、2017年7月に引っ越して来たばかりの時には、まだお店があったんです。

ところが、それから数日して取り壊されたまま現在にいたります。

左手には食堂が並んでいます。

この道をもう少し北へ進むと・・・・・・。☟

f:id:shanshanduohuizi:20180426235140j:plain

通りの左手にお店が姿を現します。

ここに、⑥の写真で見かけた「山東炒貨」があります。

2011年にも存在していた記憶があります。

右手は塀で、車(リヤカー?)

に積んだ果物を売っています。

アップはこちら。☟

f:id:shanshanduohuizi:20180426235421j:plain

この時はイチゴやパイナップルが旬!

今はさらにサクランボや琵琶も登場しています。

この場所の昔の様子。☟

f:id:shanshanduohuizi:20180426235513j:plain

f:id:shanshanduohuizi:20180426235723j:plain

ここは西工大路と大学南路とのT字路。

⑩と合わせてご覧ください。(^^)/

このまま、☝の写真の真ん中の道、大学南路を進んで行きます!

f:id:shanshanduohuizi:20180427000031j:plain

T字路からすぐの右手に「陝西省交通病院」があります。

西安人の知り合いの話では、結構有名な病院だそうです。

その門の側から、雑貨屋さんが並びます。

この風景は1999年に見た時とあまり変わってないような。

とても懐かしい空間です。

左手は、暫く壁が続きます。

f:id:shanshanduohuizi:20180427000435j:plain

しかし、かつては違いました!☟

f:id:shanshanduohuizi:20180427000510j:plain

壁の手前に小さなお店が並んでいます。

お店が撤去され、駐車場になったみたいです。

更に前進すると、右側はこんな風景。☟(^o^)☟

f:id:shanshanduohuizi:20180427000759j:plain

☝左の写真の手前にあるお店。

2011年、私はここで「日本製」の札が付いた、晴雨兼用の大きなジャンボ傘を買いました。

真ん中の写真の看板の最後の二文字が「面皮」と書かれたお店には、2011年冬至、餃子を食べにいった記憶が。

学校の食堂は、私が行った時には既に売り切れだったんです。(T_T)

右の写真の「炒貨」とその向かって右隣りのお店。

今年の春節前は「炒貨」の店一つでした。

「炒貨」のお店は、ドライフルーツやひまわりやカボチャの種なんかを売っています。

でも、広すぎたのか、半分くらいのスペースを隣のお店に譲ったようです。

こちら側、大学南路を更に東に進むと、こんな店舗⑯が並んでいます。

f:id:shanshanduohuizi:20180427001625j:plain

上の写真右の一番右のお店はシャッターが下りています。

このお店、2011年秋からここで「包子(バオズ)」を売っています。

「包子」の前に「豆腐」とついていて、とてもフカフカで大きな包子です。

私はいつも中の餡が野菜のものを買っていました。

もちろん、中国人民の皆様が一番好きな豚肉のものもありましたヨ。

大きさは、日本のコンビニで売っている大きめな肉まんくらい?

今は私がめったに大学南路に来ないせいもありますが、いつも閉まっています。

開いているのを見かけたのは1度だけ。

お腹が空いていない時間だったので買わなかったのは、失敗だったかも。

今度いつ、売ってる時に通りかかれるんだろう???

 

このあたりの道の向かい側は、こんな感じ。☟

f:id:shanshanduohuizi:20180427001532j:plain

このままだとちょっと小さいですね。

たぶん拡大できるはずですので、試してみてください。(^^)v

左の写真の真ん中に黄色い字の看板があります。

「马记兰州拉面(マージ―ランヂョウラーミエン:馬記蘭州拉麺)」というお店です。

2011年、時々ここで食事をしました。

 

更に進んで、道の両サイドを一度に見て見ましょう!

f:id:shanshanduohuizi:20180427235430j:plain

真ん中の写真の中央に、「陝西省交通病院」がこの道の奥にありますよ!と知らせるためと思われるアーチ状の看板がありあます。

この右の写真に黄色い「中国蘭州拉麺のお店が見えます。

このお店、覚えていてくださいね。(^o^)/

この辺り、けっこう古くから続いているお店のが残っています。

☟の写真と比較して見てください。

f:id:shanshanduohuizi:20180428000017j:plain

現在に近いところから比較すると・・・・・・。

中央と右の写真に写っているお店はかなりの割合で残っています。

左は、結構変わっていますが、赤い看板「熏肉大饼(シュンロウダービン:燻肉大餅)」のお店は健在です。

店長さんの話だと、間口は今より小さかったけれど、20年前からここでお店を開いているとのこと。

1999年にもあったということですね。

現像した写真に写っているといいな~。(*^-^*)

ちなみに、シュンロウダービンとはこんな食べ物です。☟

f:id:shanshanduohuizi:20180428001959j:plain

 

⑳は同じ年の9月の様子。

f:id:shanshanduohuizi:20180427235932j:plain

見覚えある看板が健在です。

⑰でご紹介した「马记兰州拉面(マージ―ランヂョウラーミエン:馬記蘭州拉麺)」やその右隣りのお店の姿も見えます。

 

☟は6年遡った2012年の写真。

f:id:shanshanduohuizi:20180427001650j:plain

2011年9月から2012年3月半ばまで西北工業大学に在籍していた時、よく通った蘭州拉麺屋さんがありました。

そこが左の写真の緑の矢印で示したお店。

アップの写真もあったので右側にくっつけてみました。

左隣、「重庆鸡公煲(チョンチンジーゴンバオ:重慶鶏公BAO)」の赤地に白文字の看板が電気で光っているため目立っていませんが、私にとっては懐かしい姿!

ここで、ふと、

「あれ?このチョンチンジーゴンバオ、今もあったような?」

⑯⑱を見直してみると、ありました!!!

そしてその横に・・・・・・!!!!!

⑱の写真の説明で、『黄色い「中国蘭州拉麺を覚えていてくださいね!』と書いたのですが、その時の写真を再掲します。☟

f:id:shanshanduohuizi:20180427235430j:plain

赤いチョンチンジーゴンバオの隣の蘭州拉麺のお店、改装したんですね!

だから気付けなかったんです。

このブログで写真整理をして、発見できました。(*^▽^*)

 

そして、14年前にタイムスリップ!!\(^o^)/

f:id:shanshanduohuizi:20180428003550j:plain

今、私のパソコン内にある、西安の最も古い写真です。

左の写真に、大学南路(西側)のシンボルともいえる、「陝西省交通病院」のアーチ型看板が見えます!

真ん中は、⑱の写真の右と同じ辺りです。

さすがに変わっていしまっていますネ。

右は、この辺のどこかのお店で食べた肉まん。

「1蒸籠、1元!1999年~2001年の頃と変わってない、良かった~~~!」

と喜んだ記憶が残っています。

 

ここまでが西工大路と大学南路(西側)の様子でした。

ここからは太白北路を渡って、大学南路(東側)へ向かいます!(*^-^*)

f:id:shanshanduohuizi:20180428004858j:plain

☝の写真は、太白北路を渡って、大学南路(東側)から西に向けて撮影したものです。

 

では、東へ進んで行きます!(^^)v

f:id:shanshanduohuizi:20180428005256j:plain

真ん中に見える通りが大学南路(東側)です。

左に、ワトソンズと台湾系のケーキ屋さん「御品軒」がならんでいます。

☟は2012年の写真です。

f:id:shanshanduohuizi:20180429015444j:plain

f:id:shanshanduohuizi:20180429020245j:plain

2012年3月下旬、西安を去る段階ではワトソンズはまだ存在していませんでした。

「御品軒」は2011年9月に来た時には既にあって、クラスメイトの誕生日にケーキを買って贈ったりしていました。

よく見ると、看板が変わっています。(*^-^*)

 

☟の写真、左手の商店の裏側は、西北大学の敷地です。

f:id:shanshanduohuizi:20180428010433j:plain

1999年~2000年にかけて、数回しか西北大学を訪れたことはなく、しかも大学南路の小さな出入口となると記憶があやふや。

確か、この「西北大学医院」と書かれた通路の下の鼠色の壁の扉が開いていたり、閉められていたり・・・・・・。

この通りのどこかで、2000年2月くらいにペンダントを落としました。

お守り代わりだったので、落としたと気づき、急いで西北工業大学の寮から引き返してきて探したけれど見つからず・・・・・・。

ショックだったのを今でもはっきり覚えています。(T_T)

ここも、道べりのお店の様子は全く変わってしまいました。

でも、右側の変化は、こんなものではありあません!!!☟

f:id:shanshanduohuizi:20180428011319j:plain

左と中央が通りの向かって右手ですが、巨大なビルが建ち、その前に広々とした歩道兼駐車場(?)が広がっています。

去年2017年の5月、右に写真に木の枝で隠れて見えない位置にある派出所(紺色の門構え)に用があってここを通りましたが、その時はまだ工事中でした。

西北工業大学に留学し学校の寮に住むと、この派出所まで住所届けに来ることになります。

 ☟は春節直後の今年2月18日に撮影したものです。

f:id:shanshanduohuizi:20180502172525j:plain

街路樹の葉が生い茂っていないのでよく見えます!(*^-^*)

私は西北工業大学西門の外なので、別の派出所へ届け出ます。

真ん中の写真の中央にてっぺんが円形の建物があります。

あの丸いところは回転展望台レストランでした。

たしか、2001年7月???に一度だけ、入ったことがあります。

 

ここから大学南路を太白北路へ引き返しました。

その時の両サイドの様子をどうぞ。

f:id:shanshanduohuizi:20180428012054j:plain

左の写真に、大学南路と太白北路交差点南東角に建設中のオレンジ色の建物が見えています。

交差点まで戻りました。

ここから、西北大学西門に向けてGO!\(^o^)/

f:id:shanshanduohuizi:20180428012306j:plain

写真の右から左へと進むと、「西北大学」と言う名のバス停に辿り着きます。

以前よく利用したバス停です。(*^-^*)

このバス路線案内の向こうに、陸橋がります。☟

f:id:shanshanduohuizi:20180428012701j:plain

 この雰囲気は、かなり昔懐かしい気がします。

f:id:shanshanduohuizi:20180428012810j:plain

西北大学に到着!!!\(^o^)/

☟の㉝は労働節中に撮影したので、門の飾りがついています。

今回は少し時期が早かったので、飾りはナシ。

f:id:shanshanduohuizi:20180428012826j:plain

引き続き、㉜の陸橋を上がって、反対側へ移動!

㉝の真ん中と右も、㉜㉞と同じ陸橋の上から撮影したものです。

北側はあまり変わったように見えませんが、南向きは高層ビルが増えています。

f:id:shanshanduohuizi:20180428012845j:plain

陸橋を渡って南側に下りました。☟

f:id:shanshanduohuizi:20180428012905j:plain

陸橋を下りたすぐのところにある郵便局(右)。

ここは今も昔も変わりません。

塗装し直したくらいでしょうか?

そこから続く歩道も懐かしい!!!

何が懐かしいと言って、ちょっと左斜めに傾いた路面が歩きにくかった・・・・・・それが懐かしい。(笑)

オレンジ一色のお店は「擀面皮(ガンミエンピー)」のお店。

カウンターに並べてある、麺を上になでつけた、炎のように見えるものは、この麺の食品サンプルです。

初めて見た時は、前もって作って置いているのを販売しているのかと、ちょっと不安になりました。

痛んで、食べたらお腹を壊しそうだし、乾燥して硬くなっていそう・・・・・・と想像してしまったんです。(^^;

その向こうに、お寿司を売っているお店もあります。

 

f:id:shanshanduohuizi:20180428012930j:plain

陝西省交通病院」の看板のある、大学南路と太白北路の交差点まで戻って来ました。

そこから更に南へ進みます!(写真、右→左へ)

㊱の左は「辺家村工人文化宮」です。

1999年にもここにありました。

手元にある1999年版の西安地図に掲載されています!(^^)v

そこから更に南へと、㊲のこんなお店が並んでいます。

f:id:shanshanduohuizi:20180428012953j:plain

㊲の右と真ん中もそれなりに変わっていますが、1999年にあったKodakの写真屋さんは今もその場にあります。

昔はフィルムを現像しに行っていましたが、今は証明写真を撮る時に利用します。

普段は校内の写真屋さんで撮るんですが、長い夏休みや冬休み、校内の写真屋さんも休んでしまうので。(笑)

そして、私個人としては一番大きな変化と思っている、左の写真!

今は高いビルが建っています。

でも、昔、少なくとも2012年3月までは「太白商厦」というビルがあって、その中に「太白商厦」というそのまんまの名前の百貨店があったんです。

現在の百貨店と比べれば、単なるスーパーレベルの大きさでしたが、1999年にはエスカレーターもある3階まで売り場があるこの「太白商厦」はこの通りでとても目立っていました。

ここで、留学して間もないころ、プラスチック製の三段収納BOXを購入。

価格は、182元くらい。

日記を読んで見つけました!(^^)v

その日のレートもメモしていて、1元=13.2元。

なので、約2400円。

日本円に直すとこんなものかな???と思うんですが、当時の食費で「お粥0.5元」などとあるので、ずいぶん高い買い物をしたと思います。

その建物が、2013年に遊びに来た時には解体されていたような記憶があるんです。

そして2年後、2015年5月に来た時にはこのような状態に!☟

f:id:shanshanduohuizi:20180428013015j:plain

すっかり形が出来上がっていました。

㊳-2

f:id:shanshanduohuizi:20180428013035j:plain

2015年は3回も西安に来ました。

その内1回は西北工業大学周辺まで来る時間がありませんでした。

なので9月になって再度この場を訪れてみると・・・・・・。

5月にはコンクリートの枠組み状態だったのに、そこにブロックが積み上げられていました。㊳-2

 

ここまでの道の向かい側に視線を向けて見ましょう!(^o^)/

f:id:shanshanduohuizi:20180428013059j:plain

左のオレンジ色の建物が、㉙の左写真に見えているオレンジ色の建物です。

隣には「浦発銀行」と「中信銀行」が並んでいます。

 

f:id:shanshanduohuizi:20180428013131j:plain

右の写真はもと「太白商厦」の敷地の南端に当たります。

2011年まで、ここではロールクッキーのようなものをその場で焼いて売っていました。

今はもう姿がありません。

真ん中・左の写真に写っている黄色い看板は「花屋」さんと「写真屋」さん。

この二軒のお店と、その手前の階段と言うか、歩道がひときわ高くなっている所、1999年のままです。

ここも西北大学向かいのお店の前と同じく、歩きにくかったのでよく覚えていて、それ故に懐かしい!(笑)

 

f:id:shanshanduohuizi:20180429020458j:plain

突然、幽霊が出そうな写真ですね。(笑)

ここは、1999年の留学時、「太白商厦」で買い物をした後、大学南路まで引き返して東門まで戻るのではない、ちょっとした裏道の途上にあるホテルです。

肉眼で確認はしていませんが、このホテル、地図上では今も存在しています。

 

f:id:shanshanduohuizi:20180428013149j:plain

ここからは地下鉄工事の影響を受けて変貌している太白北路の様子を見て見ましょう!

向かい(東)側は、2011年の時のお店が残っているようでした。

でも、道路には「辺家村交差点、地下鉄工事、左折禁止」と看板が!

更に、水色のガラス張りの陸橋が見えます。

これが大きな変化です。

以前はこんな形の陸橋ではありませんでした。

まず、今の様子をもう少し大きくしますね。☟

f:id:shanshanduohuizi:20180428013220j:plain

右側の南向きの写真の真ん中辺りに、太白北路の友誼西路より南側にかかる水色の陸橋が見えると思います。

真ん中の写真は太白北路の友誼西路より北側にかかる陸橋の様子。

左は、そこから北を撮影しました。

この階段の西側で行われている地下鉄工事の様子もどうぞ!

f:id:shanshanduohuizi:20180428013239j:plain

右側が地下鉄工事の様子です。

真ん中の階段を降りて左手に、白いビルが見えます。

このビルを覚えておいてください!!

 

では、かつての様子を見て見ましょう!(^o^)

f:id:shanshanduohuizi:20180428013309j:plain

㊺-2

f:id:shanshanduohuizi:20180428013330j:plain

㊺-3

f:id:shanshanduohuizi:20180428013402j:plain

陸橋は交差点を丸く囲む環状のものでした。

西安に遊びに来るたびに、この陸橋で東西南北を余すことなく撮影するのが習慣でした。

この習慣は、鐘楼や大雁塔に登った時でも同じです。(笑)

2017年5月、2年ぶりに西安に遊びに来た私は、この環状陸橋が無くなっているのを見て唖然!!!

しかも、その時はプラタナスの葉に隠されて、少し離れた場所に水色の陸橋があるのには気付きもせず。(^^;

それが分かったのは、2011年にリスニングの授業を担当してくださった先生にお目にかかった時でした。

そして、㊹左の写真の建物に愕然!!!

ない!

なくなってる!!

大盘鸡(ダーパンジー:大盤鶏)のお店がない~~~!!!!

お店の名前は別にあるのですが、1999年に西北大や師範大学の日本人留学生さんと一緒に、このお店でダーパンジーを食べて以来、私の中では「ダーパンジー」なのです。(笑)

「ダーパンジー」とはこんな料理です。☟

f:id:shanshanduohuizi:20180429044756j:plain

f:id:shanshanduohuizi:20180429044810j:plain

ダーパンジーは西安料理ではなく、新疆料理です。

煮込まれた鶏肉やジャガイモを食べて、残り少なくなったところでうどんを投入!

何となく日本で鍋の最後にうどんを入れるのに似ていて、私は結構好きな料理です。

このお店、1999年以来、眺めるだけで食べに入ったことがありませんでした。

いつかもう一度行きたいな~と思いながらお店を眺めていたのに、もうお店がない!!

これはすごくショックでした。(T_T)

 

f:id:shanshanduohuizi:20180428013416j:plain

太白北路と友誼西路の交差点まで来たので、後は西に曲がって西北工業大学の南門に向けて戻ります。

㊻の左に、友誼西路の太白北路より西側にある陸橋が見えます。

真ん中の写真は、西北工業大学の付属中学が写っています。

西北工業大学の東門の外の朝市は、ここまで続いています。

ほぼぐるっと一回り完了しました!!

 

根気よくここまでお付き合いくださった皆様、本当にありがとうございました。<(_ _)>